豊田 市 中央 図書館。 英文多読|豊田市中央図書館

ネットワーク館では自由に資料の利用ができ、中央館と同じ基準で館外貸出が可能である。 「豊田の図書館を考える市民の会」は同月に計画凍結を求める署名運動も行い 、5月14日にはに図書館情報学者の田井郁久雄()を招いて指定管理者制度について解説する講演会を開催した。 コーナーからのお知らせ、新規製作・購入・寄贈の点字と録音図書の紹介、活字の新刊書や新着AV資料の紹介など・・・ 内容もりだくさんです! 聴覚障がいの方へのサービス 日本語字幕入りビデオ貸出し 蔵書数は、約100タイトル! 文学作品からアニメまで、幅広く揃っています。 参加は無料です。 1948年(昭和23年)4月1日には挙母町中央公民館が開館し、図書館が中央公民館の1階の一室に移転している。 2012年度(平成24年度)の利用者数は約13,900人、2014年度(平成26年度)は17,700人だった。 安田聡「公共図書館における専門資料コーナーの運営 豊田市中央図書館自動車資料コーナーの事例を中心として」『現代の図書館』第4巻第7号、2001年12月、 192-197頁。 また、リクエスト(予約)が取消となる場合もあります。 2005年(平成17年)4月1日には・・・・・の4町2村が豊田市に編入合併し、豊田市中央図書館と旧自治体にあった各図書室がオンラインで結ばれた。 また、点字図書、録音図書、字幕付ビデオを所蔵し、対面朗読、点訳など、障がい者の方にご利用いただけるサービスも実施しています。
49 40